学費はどこで借りるのがいいのか?

大学や短大、専門学校などの学費は結構かかりますね。この学費が手持ちのお金ではどうしても支払えないということもあるでしょう。

 

こういった時はどこかでお金を借りるという選択肢を取る必要もあります。

 

学費を期日までに支払えなくなってしまえば、最悪退学しないといけないということにもなりかねませんからね。

 

ただ、今既に大学などに通っていて、学費を借りないと支払うことが出来ないという場合は、まずは授業料の免除・分納・延滞を検討してみてください。

 

これでどうにかなるのならば、お金を借りなくて済む可能性もありますからね。

 

学費

 

免除・分納・延納とは?

まず「免除」とは学校によって多少違いますが、成績が優秀な生徒に対して、授業料を免除してくれるというものです。

 

全額免除まではいかなくても、減額などの制度もあります。

 

次に「分納」ですが、大学の学費というものは前期と後期の2回に分けて支払います。春と秋ですね。

 

これを分割して支払わせてもらうことが出来るのが分納です。

 

ただ、分納の期限や回数は各大学によって違い自分で決めることは出来ません。

 

最後に「延納」ですが支払いを延期することが出来る制度です。

 

これも各大学によってどれだけ延期することが出来るかは違ってくるので、大学の窓口に問い合わせてみないといけません。

 

分納や延納を利用するのが一般的ですね。

 

上記の分納や延納などを利用してもどうにもならないという場合は、お金を借りて学費を支払うしかありません。

 

で、まずこの学費を支払わなければいけないという状況ですが、『誰が支払わないといけないのか?』によってとる方法が変わってきます。

 

親が支払うのか学生本人が支払うのか?ということですね。ですので、親と学生本人が借りる場合のそれぞれについて紹介しておきますので参考にして下さい。

親が支払う場合

親がが授業料などの学費を支払う場合は、どこで借りるのがいいのかということですが「教育ローン」を利用するのが1番いいでしょう。

 

で、教育ローンでは借りれなかったという場合や、あまり高額な学費ではない場合は「カードローン」を利用するのも一つの手になるでしょう。

 

取りあえずまずは「教育ローン」ですね。

 

教育ローン

教育ローンは国の日本政策金融公庫や銀行、JAバンク、労金などから販売されています。

 

ちなみに、教育ローンは親権者が利用するものですので、学生本人が教育ローンを利用することは出来ません。

 

ただ、社会人として働きながら学校に通っている学生は利用できるという金融機関もあります。

 

まずは国の日本政策金融公庫から発売されている教育ローンを検討するといいでしょう。

 

国の教育ローンの内容として最高350万円まで借入可能で、金利は固定金利の1.66%とかなり金利が抑えられているので利用しやすいです。

 

母子・父子家庭や交通遺児家庭、子供3人以上の世帯、世帯年収200万円以内の方は金利や返済期間などが優遇されます。

 

また、日本学生支援機構の奨学金と併用することも可能です。

 

取りあえず国の教育ローンは金利がダントツに低いですので、銀行の教育ローンよりもまずはこちらを検討したほうが良いです。

 

学費となるとそれなりの金額を借りることになりますので、金利が1%違うだけでも、最終的な総支払利息は結構変わってきますからね。

 

申し込みから実際にお金が振り込まれるまでに20日程度かかりますが、余裕をもって申し込みするためには2〜3か月前に申し込みするのが理想です。

 

国の教育ローン詳細ページ

 

銀行などの教育ローンに関しても、審査などにどうしても時間がかかるので1か月程度はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

主要な銀行の教育ローンをいかにまとめていますので参考にして下さい。

 

金融機関 特徴 詳細ページ
JAバンク 学費はもちろん、ひとり暮らしを始める際にかかる費用など教育に関するすべての資金に利用可能となっています。 詳細ページへ
イオン銀行 借入期間は最長15年、借入額は最大500万円まで借りる事が可能です。24時間申込でき、1年間いつでも審査可能となっています。 詳細ページへ
楽天銀行 奨学金との併用で利用することが可能となっています。ネット銀行ならではの低金利設定となっているので安心ですね。 詳細ページへ
三井住友銀行 学費はもちろん、塾や予備校などの費用を借りる事も可能です。お申込後、即日審査で連絡が入るので急ぎの時にもおすすめです。 詳細ページへ
みずほ銀行 最大300万円・最長10年まで利用可能となっています。?学校に納入する学費以外にも、教育関連資金全般での使用が出来ますよ。 詳細ページへ
住信SBIネット銀行 入学金や授業料はもちろん、教科書代や制服代にも使えますよ。申込から借入までは約2週間ほどとなっています。 詳細ページへ
中国銀行 口座をお持ちじゃない方も利用可能となっています。社会人学習にも利用することが出来ますよ。 詳細ページへ
近畿ろうきん 近畿2府4県にお住いの方はご利用可能となっています。最大1000万円までの大型タイプローンなので、高額必要な時でも安心ですね。 詳細ページへ

 

カードローン

カードローンは教育ローンに比べてダントツに金利が高いですので、まずは教育ローンを検討したほうが良いです。

 

ただ、急いでいる時や数十万円程度の、そんなに大きな金額を借りるわけではないのならカードローンで簡単に借りて支払うというのも一つの方法になります。

 

教育ローンは審査に時間がかかるので実際にお金を借りるまでに1か月程度は見ておいたほうが良いですが、カードローンならば最短で即日融資も可能なので急いでいる方も大丈夫です。

 

あと、カードローンの中には無利息期間を設けているカードローンもあるので、一時的に学費を借りたい場合などだと、かなり利息の支払いを抑えることもできるのです。

 

以下におすすめのカードローンを紹介しておきますね。

 

プロミス
【プロミス】

学費をカードローンで借りるのならばまずプロミスが良いでしょう。即日融資が可能で、原則24時間いつでも振込してもらうことが出来るので、急いでいる人も大丈夫です。
また一定の条件を満たせば30日間無利息で利用できるので、お得に借り入れすることが出来ます。一時的に学費を借入したい時などはちょうどいいでしょうね。

 

バンクイック
【三菱UFJ銀行】

三菱UFJ銀行から発売されているカードローンは「バンクイック」という名前になっています。このバンクイックは金利が1.8%〜14.6%と個人向けのカードローンとしては金利がかなり抑えられているのでおすすめです。
銀行なので審査が結構厳しく、アルバイト収入だけの学生だと審査に通らない可能性が高いですが、正社員などで働いている親権者の方は審査に通る可能性は十分にあります。

 

アコム
【アコム】

アコムは最短30分のスピード審査となっており、最短で申込みしたその日のうちに借入する事が可能となっています。
24時間いつでも申込みする事が出来、来店不要で利用する事が出来ますよ。
また、アコムにも無利息ローンが用意されていいて、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですね。

 

(※ランキングは、当サイト経由の申込順となっています。)

学生本人が支払う場合

学生本人が学費を支払わないといけないので、学費を借りたいという場合ですが「奨学金」と「学生ローン」の利用となるでしょう。

 

上記で紹介した教育ローンは親権者である親が利用するべきものですので、学生本人は利用できません。

 

まず利用を検討するものとして「奨学金」が金利も低いですし、無利息で借りられるものなどもあります。

 

ただ、募集時期が限定されていたりするので注意が必要です。

 

奨学金制度は、国や地方自治体・学校によって様々な奨学金制度を設けています。

 

奨学金で特に利用されている方が多いのが、『日本学生支援機構』の奨学金制度になります。

 

この奨学金には、「第一種奨学金」「第二種奨学金」といった種類があります。

 

第一種奨学金

第一種奨学金の一番の特徴は、無利息となっている点です。無利息で借りる事が出来るのはかなり大きなポイントですよね。

 

ただ、誰でもこの第一種奨学金が利用できるわけではありません。

 

まず、高校での成績が5段階評価で3.5以上なければならないといった基準があります。

 

それと、「特定の分野において特に優れた資質能力を有し、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること」

 

「進学先の学校における学修に意欲があり、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること」

 

等といった、学校長の推薦を得られる方となっています。

 

また、家計の基準額も基準の一つになります。

 

第二種奨学金

第二種奨学金は、第一種奨学金とは違い有利子となっています。ただ、利率の上限は3.0%以内となっているので低い金利で借りる事が可能となっています。

 

進学先や通学形態にかかわらず、月額2万円から12万円の中から、1万円単位で希望する金額を選択する事ができ、貸与を受けることが可能となっています。

 

第一種とは違って、実質成績基準はなく、家庭の収入基準さえオーバーしていなければ誰もが利用できる可能性があります。

 

奨学金を利用されている方の10人中7人は、この第二種奨学金を利用しているといった状況になります。

 

奨学金の申込方法

奨学金の申込方法は、「予約採用」と「在学採用」の2つがあります。

 

予約採用は、高校三年の時に在籍高校を通して、進学後の奨学金を予約する制度となっています。

 

申し込みする際に志望校が決まっていなかったとしても、予約採用の申請をすることが可能です。

 

なお、募集期間は5月〜6月、10月〜11月の年2回となっています。

 

在学採用は、大学や専門学校など進学してから奨学金を申込する方法になります。

 

4月に説明会が行われ、申込するといった流れになります。こちらの募集に関しては、原則年1回のみとなっています。

 

また、生計維持者の方が失職や病気などで家計が急変してしまった場合は、「緊急採用」「応急採用」といった出願が可能となります。

 

こちらに関しては、「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象となります。

 

カードローン

奨学金は基本的に月々受け取るようなシステムになっています。ですので、今一時的に学費の為のお金が必要となっても、一時的に多くのお金を借りれるという訳ではありません。

 

また、すでに在学中の学生の方で在学採用の時期が間に合わなかったり、緊急採用や応急採用の条件に満たない方などはカードローンを利用するようになります。

 

ただ、学生のだれもがカードローンを利用できるという訳ではなく、学生がカードローンを利用するには利用条件があります。それは、

 

@20歳以上の方
A安定した収入がある方

 

この2つの条件のどちらも満たしていないとカードローンを利用することが出来ません。

 

ちなみにAの安定した収入というのは、正社員として働いていないといけないという訳ではなく、アルバイトとして働いていて給料をもらっているのならば大丈夫です。

 

そもそも学生なので正社員で働けるわけがありませんからね。アルバイトで全然問題ありません。

 

ですので、この20歳以上でアルバイトをしているという学生の方はカードローンを利用することが出来るのですが、銀行カードローンは学生の方にはおすすめしていません。

 

銀行カードローンは金利が低い分審査がかなり厳しめになっているので、アルバイトの学生の型では通らないことが多いです。

 

とりあえず銀行カードローンを利用したいということで、いろいろな銀行カードローンに申し込みしてしまうと、一定期間に複数のローンに申し込むことにより申し込みブラックという状態になってしまうのです。

 

いろんなところに申し込みしているのでこの日と怪しいな?ということになって、あとで消費者金融に申し込みしてもそもそも審査が通らなくなってしまうのです。

 

こういったことを避けるためにも、学生は銀行カードローンではなく消費者金融カードローンに最初から申し込みするようにしましょう。

 

以下に学生におすすめの消費者金融カードローンを紹介しておきますね。

 

プロミス
【プロミス】

学費をカードローンで借りるのならばまずプロミスが良いでしょう。即日融資が可能で、原則24時間いつでも振込してもらうことが出来るので、急いでいる人も大丈夫です。
また一定の条件を満たせば30日間無利息で利用できるので、お得に借り入れすることが出来ます。一時的に学費を借入したい時などはちょうどいいでしょうね。

 

アコム
【アコム】

アコムは最短30分のスピード審査となっており、最短で申込みしたその日のうちに借入する事が可能となっています。
24時間いつでも申込みする事が出来、来店不要で利用する事が出来ますよ。
また、アコムにも無利息ローンが用意されていいて、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですね。

 

(※ランキングは、当サイト経由の申込順となっています。)

 

学費が払えなくて学費を借りないといけないという場合、

学生本人が学費を借りて支払う場合、やはり将来的なことも考えておかないといけません。

 

学費は春と秋の前期と後期の2回程1年間で支払いますが、大学1年生の場合これが4回続くわけで計8回支払わないといけないことになります。

 

この将来的な学費を支払わないといけないということも考えておいてください。

 

毎回カードローンで借りて支払うという状況になってしまうと、いつか限度額を全部使ってしまって借りて支払うことが不可能ということにもなる可能性はあります。

 

大学に通っていると学費だけでなくいろいろなものにお金がかかりますので、そのたびにカードローンを利用してたら限度額いっぱいになるのは結構早いですからね。
ですので、自分が入れるアルバイトなどから給料を考えて、毎回学費を借りないといけないという状況になりそうならば、いったん休学するということも考えておきましょう。

 

卒業までが遅くなってしまうというデメリットはありますが、借金に追われて債務整理しないといけない状況になっては元も子もありませんからね。

 

1年休学してバイトに明け暮れてお金を貯めることにより、復学したときにその貯めたお金を原資に学費を支払っていくとかなり経済的に楽になるでしょう。

 

その貯めたお金ではちょっと足りない部分があれば、その部分をカードローンで借りて支払うというのもありです。

 

同じカードローンを借りて支払うということでも、ちょっとでもお金があるうえで借りるのと、全然ない状態で借りるのでは違ってきますからね。

 

ですので、将来的なことも考えてみて、休学するということも検討してみるといいでしょう。