学費が高くて払えない

子供が高校・大学など進学する時に、親としては学費の事も気になってくるポイントですよね。
国立・公立・私立の学校によって金額も変わってくるんですが、どうしても入学時にはある程度まとまったお金が必要になってきます。

 

国立や公立の高校の場合は、入学金も授業料もそこまで高くないんですが、私立になると倍以上する事もあります。
入学金・授業料・諸費用など3年間で、国立高校の場合は約130万円・公立高校は約150万円・私立高校は約300万円必要とされています。

学校

 

大学の場合は、当然ながら更に学費が必要となってきます。国立・私立、学部・学科によって金額は変わってきますが、私立の大学なら4年間の学費で数百万円必要になる、なんて事もあり得ます。

 

大学に入るにはお金がかかるって言いますもんね。お金があれば問題ないんですが、そんなに簡単な事ではないですよね。

 

かといって、お金がないからと子供に諦めてもらうのも…。

 

このような時にお勧めなのが、教育ローンです。教育ローンで学費を借りるのが一番いい方法だと思いますね。ただ、教育ローンの場合、取り扱っている金融機関が限られてしまいますし、審査に時間がかかってしまう場合があります。

どこで借りればいいのか?

入学金や授業料などの学費を借りる場合どこで借りる場合は、『カードローン』・『教育ローン』・『奨学金』のいずれかを利用して借りるのがいいでしょう。

 

こちらの借入先にはそれぞれの特徴があるので、目的に合ったところから借りるといいですよ。
それぞれの特徴については下記にて詳しく説明します。

カードローンの特徴

カードローンは使用用途が自由なローンとなっています。なので、入学金・授業料などの学費だけでなく、教科書代や通学費・制服代などを借りる場合でも利用する事が可能となっています。

 

また、利用限度額内であればいつでも自由にお金借りる事が出来るのも特徴となっています。

 

他のローンの場合は、目的の費用しか借りる事が出来ないんですが、カードローンの場合は利用限度額内だったら何度でも借入する事が出来ます。

 

なのでカードローンがあれば、急にお金が必要になった際なども便利です。

 

パソコン・スマホから24時間いつでも申込する事ができ来店不要で借りる事が可能となっており、金融機関によっては即日中に現金を借入する事が出来るといった点も大きなポイントです。

 

学費の支払いなどどうしても急ぎでお金を借りなければならない、といった場合などはカードローンを利用するといいでしょう。

 

【三菱UFJ銀行】

金利が年1.8%〜14.6%の三菱UFJ銀行バンクイックは、学費を借りるのにお勧めのカードローンになります。
三菱UFJ銀行のATMはもちろん、コンビニのATMからでも利用する事が可能となっています。利用手数料が無料なのもポイントです。
申し込みはWEB上から24時間いつでも行う事が出来ますよ。。

 

 

≫三菱UFJ銀行公式サイトへ

【プロミス】

急ぎでお金を借りたい場合は、プロミスを利用するのがいいでしょう。
平日14時まで契約で当日振り込みがかのうとなっています。また、14時過ぎても自動契約機を利用すれば当日中に借入する事が可能となります。
女性の方専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方でも安心して利用する事が出来ますよ。

 

 

≫プロミス公式サイトへ


≫女性の方はこちら

【アコム】

アコムは最短30分のスピード審査となっており、最短で申込みしたその日のうちに借入する事が可能となっています。
24時間いつでも申込みする事が出来、来店不要で利用する事が出来ますよ。
また、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですね。

 

 

≫アコム公式サイトへ

(※ランキングは、当サイト経由の申込順となっています。)

 

 

教育ローンの特徴

銀行によっては教育ローンを取扱っているところもあります。教育ローンとは、教育関係に限定したローンの事を言います。

 

例えば、住宅ローンだったら家の購入費用・マイカーローンだったら車の購入費用、といったように利用目的が決まっているローンとなります。

 

カードローンの場合は使い道が自由となっているんですが、教育ローンは入学金・授業料などの学費(教育関係の費用)を借りる際の専用ローンとなっています。

 

その為、教育関係の費用以外の利用ではお金を借りる事が出来ません。

 

目的が決まっている事によって利用できる幅が狭くなってしまうんですが、その分金利が低く設定されているというのが大きな利点だといえます。

 

入学金を借りる、授業料を借りるなど一つの決められた教育費用を借りるというのであれば、教育ローンを利用するのがいいでしょう。

 

ただ、教育ローンの審査は厳しくなっているので誰でも利用できるといった訳ではありません。

 

申込者の方に安定した収入があるのはもちろん、現在利用している他のローンがある場合は、こちらの借入状況なども審査対象となります。

 

また、審査結果が出るまでに時間がかかるという事もあり、すぐに学費を借りたいといった場合はちょっと向いていないかといえます。

 

それと、学生の方本人が教育ローンを利用するのは難しい可能性が高いです。そもそも、ローンの利用は20歳以上からとなっているので、20歳未満の未成年者は申込する事が出来ません。

 

では、20歳以上でバイト収入などがある学生であれば利用できるのでは?

 

確かに、銀行などによっては20歳以上で収入があれば利用可能な場合もあります。なので、お金を借りれる可能性もあるんですが、そもそもの収入が少ないので、思うような金額が借りれない可能性が高いです。

 

なので、基本的には教育ローンの利用は、学生の親御さんが申込するといったローンサービスとなります。

銀行教育ローン一覧
金融機関 特徴 詳細ページ
JAバンク 学費はもちろん、ひとり暮らしを始める際にかかる費用など教育に関するすべての資金に利用可能となっています。 詳細ページへ
イオン銀行 借入期間は最長15年、借入額は最大500万円まで借りる事が可能です。24時間申込でき、1年間いつでも審査可能となっています。 詳細ページへ
楽天銀行 奨学金との併用で利用することが可能となっています。ネット銀行ならではの低金利設定となっているので安心ですね。 詳細ページへ
三井住友銀行 学費はもちろん、塾や予備校などの費用を借りる事も可能です。お申込後、即日審査で連絡が入るので急ぎの時にもおすすめです。 詳細ページへ
みずほ銀行 最大300万円・最長10年まで利用可能となっています。?学校に納入する学費以外にも、教育関連資金全般での使用が出来ますよ。 詳細ページへ
住信SBIネット銀行 入学金や授業料はもちろん、教科書代や制服代にも使えますよ。申込から借入までは約2週間ほどとなっています。 詳細ページへ
中国銀行 口座をお持ちじゃない方も利用可能となっています。社会人学習にも利用することが出来ますよ。 詳細ページへ
近畿ろうきん 近畿2府4県にお住いの方はご利用可能となっています。最大1000万円までの大型タイプローンなので、高額必要な時でも安心ですね。 詳細ページへ

 

 

奨学金の特徴

入学金や授業料などの学費を、奨学金を利用して支払する方法もあります。奨学金制度は、国や地方自治体・学校によって様々な奨学金制度を設けています。

 

奨学金で特に利用されている方が多いのが、『日本学生支援機構』の奨学金制度になります。

 

この奨学金には、「第一種奨学金」「第二種奨学金」といった種類があります。

 

第一種奨学金

第一種奨学金の一番の特徴は、無利息となっている点です。無利息で借りる事が出来るのはかなり大きなポイントですよね。

 

ただ、誰でもこの第一種奨学金が利用できるわけではありません。

 

まず、高校での成績が5段階評価で3.5以上なければならないといった基準があります。

 

それと、「特定の分野において特に優れた資質能力を有し、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること」

 

「進学先の学校における学修に意欲があり、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること」

 

等といった、学校長の推薦を得られる方となっています。

 

また、家計の基準額も基準の一つになります。

 

第二種奨学金

第二種奨学金は、第一種奨学金とは違い有利子となっています。ただ、利率の上限は3.0%以内となっているので低い金利で借りる事が可能となっています。

 

進学先や通学形態にかかわらず、月額2万円から12万円の中から、1万円単位で希望する金額を選択する事ができ、貸与を受けることが可能となっています。

 

第一種とは違って、実質成績基準はなく、家庭の収入基準さえオーバーしていなければ誰もが利用できる可能性があります。

 

奨学金を利用されている方の10人中7人は、この第二種奨学金を利用しているといった状況になります。

 

奨学金の申込方法

奨学金の申込方法は、「予約採用」と「在学採用」の2つがあります。

 

予約採用は、高校三年の時に在籍高校を通して、進学後の奨学金を予約する制度となっています。

 

申し込みする際に志望校が決まっていなかったとしても、予約採用の申請をすることが可能です。

 

なお、募集期間は5月〜6月、10月〜11月の年2回となっています。

 

在学採用は、大学や専門学校など進学してから奨学金を申込する方法になります。

 

4月に説明会が行われ、申込するといった流れになります。こちらの募集に関しては、原則年1回のみとなっています。

 

また、生計維持者の方が失職や病気などで家計が急変してしまった場合は、「緊急採用」「応急採用」といった出願が可能となります。

 

こちらに関しては、「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象となります。

 

 

我が家の子供にかかる学費

息子や娘にかかった教育費用

息子は中学3年の時に高校進学の為に自宅の近くの進学塾に通う事にしました。その時の費用は月に5000円位したかと思います。

 

でも息子は時々嘘をついて塾を休んでいた様です。息子は中学を卒業してから訓練学校に通う事にしました。学費は余り掛かりませんでした。交通費にはお金が掛かりました。

 

また娘の場合は中学の時にテニス部に入部していたので練習試合があったり遠方での試合の時には車のガソリン代が掛かったのとラケットやユニフォームのお金も掛かりました。

 

また直ぐにガッドが切れてしまうのでその度にスポーツ店に行ってガットの張替えをしていました。費用は2000円位かかりました。またラケットも変えたいと言った事があったのと靴のお金等にも2万位出しました。

 

高校を入学する前に自宅から離れた娘の友達から紹介された進学塾に週に3回位通う事にしました。1ヶ月の費用は1万円位したかと思います。またテスト週間の前にはその塾では夜の2時位迄勉強を教えてくれました。

 

その時の費用は月に6万位しました。なんでそんなにお金を払わなくてはいけないのかと思いました。結果娘は成績は上がったのですがスポーツ推薦で高校に進学をしました。

 

こんな事ならば塾に通わせなければ良かったと思う事があります。高校では母子家庭だったので学費は余り掛かりませんでした。部活では音楽部に入部をしたのでその時に担当したのはドラムでした。

 

娘は小学校3年位から高校の2年迄中学校の前にある音楽教室に週に1回30分位ドラムを習っていました。月の月謝は6000円でした。娘は自分の好きな音楽をドラムで叩いていました。また自宅にも音パットがあるドラムを購入しました。
その費用は母が5万位出してくれました。ドラムの教室がある前だけそのドラムで練習をしていました。今ではそのドラムは一切使用していないので息子や私は冗談でそのドラムを売ってしまえと言っています。

 

子供の教育費用って本当に高いな…とつくづく感じますね。

 

2人の子供の教育費用

2人の子供がいて、長男は小学2年生で長女は保育園の年長です。長男は学校の給食費が4000円、雑費が2000円、習い事のスイミングが5000円かかります。

 

長女は保育園料が27000円、保育園の主食費1000円、スイミング3600円かかります。2人の教育費の合計は毎月42600円です。毎月確実にかかる教育費は42600円ですが、長男の教材費や娘の写真代などがたまにかかります。

 

11月にはインフルエンザの予防接種で、1回3000円を2回、2人で12000円もかかります。スイミングは2人が通っている保育園で、毎週金曜日に希望者だけ通常の価格よりも安くスイミングができるので始めました。

 

長男が小学校に入学すると通常料金になるので、痛い出費ではありますが、せっかく級が進んでいるからという理由で続けています。保育園の時はスイミングに行く子は専用のバスで行っていたので良かったのですが、通常料金になるとバス代が別途で1回の利用で700円かかります。

 

週に1度通っていますが、月バス代だけで2800円かかるので、節約して30分かかるのですが自転車で通っています。スイミングは家計に響くのでやめさせたい気持ちがあるのですが、子供たちがやる気がある以上やめさせることはできません。

 

家は年後なので、来年娘が小学校に入学します。長男が入学する時、準備で10万円近くかかりました。娘にもそのくらい費用がかかると思うと辛いです。

 

小学校に入学してしまえば、保育園よりは教育費がかからないだろうし、お金をためる事ができるのは小学校のうちだと、先輩や母に教わりました。

 

今は結構ギリギリの生活です。長女も早く小学校に入学して、生活に余裕が出るようになり、貯金できると良いと思います。