学費が高い・・・

子供が高校・大学など進学する時に、親としては学費の事も気になってくるポイントですよね。
国立・公立・私立の学校によって金額も変わってくるんですが、どうしても入学時にはある程度まとまったお金が必要になってきます。

 

国立や公立の高校の場合は、入学金も授業料もそこまで高くないんですが、私立になると倍以上する事もあります。
入学金・授業料・諸費用など3年間で、国立高校の場合は約130万円・公立高校は約150万円・私立高校は約300万円必要とされています。

学校

 

大学の場合は、当然ながら更に学費が必要となってきます。国立・私立、学部・学科によって金額は変わってきますが、私立の大学なら4年間の学費で数百万円必要になる、なんて事もあり得ます。

 

大学に入るにはお金がかかるって言いますもんね。お金があれば問題ないんですが、そんなに簡単な事ではないですよね。

 

かといって、お金がないからと子供に諦めてもらうのも…。

 

このような時にお勧めなのが、教育ローンです。教育ローンで学費を借りるのが一番いい方法だと思いますね。教育ローンの場合、他のローンと比べると金利も低金利設定になっているので、利用もしやすくなっています。

 

お勧めの教育ローン

どこの教育ローンを利用すればいいのか?
金利面や資金使途などを考えると、「住信SBIネット銀行のMr.教育ローン」を利用するのがお勧めですね。
住信

 

金利は、年1.775%〜3.975%とかなりの低金利設定となっています。

 

資金使途は、中学・高校・大学・専門学校などの入学金・授業料などの学費を借りる事はもちろん、教科書代や通学費・制服代などでも利用する事が可能です。また、一人暮らしや寮生活をする場合には、引越し費用や寮費用なども借りる事が出来ますよ。

 

使い道の幅も広く、低金利設定となっているので、学費の支払いに困っている場合は、こちらの教育ローンを利用してみるのがいいでしょう。

 

 

≫住信SBIネット銀行公式サイトへ

 

 

すぐにお金が必要な場合

今すぐにお金が必要といった場合は、カードローンを利用する事も一つの方法ですね。
カードローンであれば、最短でその日のうちに現金を借入する事が可能となっているので便利ですよ。

 

カードローンの場合、使用用途が自由なフリーローンとなっているため、学費の支払いにする事もOKです。
とにかく、すぐに現金でお金を借りたいといった場合はカードローンを利用するといいですよ。

 

アコム
【アコム】

アコムは最短30分のスピード審査となっており、最短で申込みしたその日のうちに借入する事が可能となっています。
24時間いつでも申込みする事が出来、来店不要で利用する事が出来ますよ。
また、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですね。

 

 

≫アコム公式サイトへ

みずほ銀行
【みずほ銀行】

みずほ銀行のカードローンも人気がありお勧めですね。
最大融資額1000万円で低金利設定となっているので、商品内容も抜群です。
みずほ銀行の口座をお持ちの方は、即日融資可能なWeb完結申込みの利用が可能となっているので、口座をお持ちの方にもお勧めですね。

 

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

 

 

我が家の子供にかかる学費

息子や娘にかかった教育費用

息子は中学3年の時に高校進学の為に自宅の近くの進学塾に通う事にしました。その時の費用は月に5000円位したかと思います。

 

でも息子は時々嘘をついて塾を休んでいた様です。息子は中学を卒業してから訓練学校に通う事にしました。学費は余り掛かりませんでした。交通費にはお金が掛かりました。

 

また娘の場合は中学の時にテニス部に入部していたので練習試合があったり遠方での試合の時には車のガソリン代が掛かったのとラケットやユニフォームのお金も掛かりました。

 

また直ぐにガッドが切れてしまうのでその度にスポーツ店に行ってガットの張替えをしていました。費用は2000円位かかりました。またラケットも変えたいと言った事があったのと靴のお金等にも2万位出しました。

 

高校を入学する前に自宅から離れた娘の友達から紹介された進学塾に週に3回位通う事にしました。1ヶ月の費用は1万円位したかと思います。またテスト週間の前にはその塾では夜の2時位迄勉強を教えてくれました。

 

その時の費用は月に6万位しました。なんでそんなにお金を払わなくてはいけないのかと思いました。結果娘は成績は上がったのですがスポーツ推薦で高校に進学をしました。

 

こんな事ならば塾に通わせなければ良かったと思う事があります。高校では母子家庭だったので学費は余り掛かりませんでした。部活では音楽部に入部をしたのでその時に担当したのはドラムでした。

 

娘は小学校3年位から高校の2年迄中学校の前にある音楽教室に週に1回30分位ドラムを習っていました。月の月謝は6000円でした。娘は自分の好きな音楽をドラムで叩いていました。また自宅にも音パットがあるドラムを購入しました。
その費用は母が5万位出してくれました。ドラムの教室がある前だけそのドラムで練習をしていました。今ではそのドラムは一切使用していないので息子や私は冗談でそのドラムを売ってしまえと言っています。

 

子供の教育費用って本当に高いな…とつくづく感じますね。

 

2人の子供の教育費用

2人の子供がいて、長男は小学2年生で長女は保育園の年長です。長男は学校の給食費が4000円、雑費が2000円、習い事のスイミングが5000円かかります。

 

長女は保育園料が27000円、保育園の主食費1000円、スイミング3600円かかります。2人の教育費の合計は毎月42600円です。毎月確実にかかる教育費は42600円ですが、長男の教材費や娘の写真代などがたまにかかります。

 

11月にはインフルエンザの予防接種で、1回3000円を2回、2人で12000円もかかります。スイミングは2人が通っている保育園で、毎週金曜日に希望者だけ通常の価格よりも安くスイミングができるので始めました。

 

長男が小学校に入学すると通常料金になるので、痛い出費ではありますが、せっかく級が進んでいるからという理由で続けています。保育園の時はスイミングに行く子は専用のバスで行っていたので良かったのですが、通常料金になるとバス代が別途で1回の利用で700円かかります。

 

週に1度通っていますが、月バス代だけで2800円かかるので、節約して30分かかるのですが自転車で通っています。スイミングは家計に響くのでやめさせたい気持ちがあるのですが、子供たちがやる気がある以上やめさせることはできません。

 

家は年後なので、来年娘が小学校に入学します。長男が入学する時、準備で10万円近くかかりました。娘にもそのくらい費用がかかると思うと辛いです。

 

小学校に入学してしまえば、保育園よりは教育費がかからないだろうし、お金をためる事ができるのは小学校のうちだと、先輩や母に教わりました。

 

今は結構ギリギリの生活です。長女も早く小学校に入学して、生活に余裕が出るようになり、貯金できると良いと思います。